外反母趾について

外反母趾という疾病は、足の親指が内側へ曲がってしまうことをいいます。曲がってしまい出っ張ったところに靴などが当たり、痛みを伴うのです。

 

外反母趾の原因と症状

原因について

原因となるのは、長期間のつま先の圧迫によるものです。靴の先端が細くなっているものを長期間着用することで、両左右から指を圧迫することになります。

 

この状態が長く続くと次第に足の指が内側に寄ってしまい、付け根の関節が外側を向くわけです。その後、関節が靴によって摩擦をされることで痛みを感じるようになります。

 

症状について

症状としてあげられるのは、歩行時のつま先の痛み・靴を着用したときの指の痺れです。まず歩行時に痛みを伴うのは、指の関節が外側を向いているからであり、軟骨も摩耗をしているからです。指の痺れは神経が骨と軟骨で圧迫されていることで発生します。

 

外反母趾は当院にお任せください

当院は丁寧なカウンセリングとお一人おひとりにあった施術を行い、痛みの出にくい身体作りをサポートいたします。辛い痛みは我慢せず、あんど整骨院・整体院 田口山分院までご相談ください。

初回のみ特別施術を限定価格でご提供!

初回限定割引

保険診療

ご予約・お問い合わせRESERVATION & CONTACT

  • WEB予約
  • LINE予約

Google Map