ばね指について

 

スムーズな手足の動きには、腱が大切な役目を持っています。筋肉の力を指先に伝える腱は、腱鞘と呼ばれる部位の中を滑るように通ることで、スムーズな手足の動きを実現しています。

 

しかし、指を使いすぎると腱と腱鞘のあいだに炎症が起こり痛みや違和感が生じます。これらの症状は腱鞘炎と呼ばれ、ばね指は指を曲げ伸ばしする際に使う腱や腱鞘が腫れた状態にあります。

 

指を動かす時は腱が腱鞘を通るので、そのたびに炎症部分が擦れて痛みや熱を持った感覚が生じると同時に、腱の滑りが悪くなり、内部でひっかかり、解放される際にばねのように感じられます。

 

ばね指の原因

 

ばね指の原因はほとんどが指の使い過ぎで、腱と腱鞘のあいだが過剰に摩擦されたことで発症するのが特徴です。ゴルフやテニスなどの指に力を入れるスポーツを頻繁に行う人、工具などを使う仕事をしている人に多く見られます。

 

また、ホルモンバランスの変化が起こりやすい女性に多く、妊娠や出産の前後、また更年期をきっかけに発症する場合も少なくありません。

 

ばね指はどの指にも発症する可能性がありますが、特に親指に起こりやすいのが特徴です。乳幼児や子供がばね指になるのは珍しいですが、発症する場合はほとんどが親指に症状が現れます。主な原因は腱鞘炎ですが、関節の変形や腫瘍など、まれに他の原因で起こることもあります。

 

ばね指でお悩みなら当院にお任せください。

 

腱鞘炎は慢性化しやすく、放っておくと重症化する場合もあります。指の付け根や手のひらに痛みを感じた時は、あんど整骨院・整体院 田口山分院にお任せください。

 

当院では、初めに細かく問診し、あなたのお体の状態を把握いたします。どこがどういう風に悪いのかを施術前に隅々まで検査していき、カウンセリングで納得いただいた状態で患者様お一人お一人にあった施術を行っていきます。お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

初回のみ特別施術を限定価格でご提供!

初回限定割引

保険診療

ご予約・お問い合わせRESERVATION & CONTACT

  • 電話
  • WEB予約
  • LINE予約

Google Map