足底筋膜炎について

 

マラソンやジョギングのように走る動作をするときに、足の裏が痛いというならば足底筋膜炎の可能性があります。特にプロのアスリートは、走る量が普通の人よりも多いので発症しやすい傾向にあります。

 

足底筋膜炎の原因

なぜ足底筋膜炎になるかというと、足底筋膜の役割を知れば原因がわかります。足の甲の骨はアーチ状になっていることで立っているときに体重を支えることができます。
しかし骨だけで形を維持しているわけではなく、踵骨と指の骨の間で弓の元のように張り巡らされた足底筋膜が力を貸しています。

 

アーチ状になっている足は、地面に着地するときの衝撃を吸収できます。その際には、足底筋膜炎はアーチ状の構造を維持するために、引っ張っていますから相当の負荷がかかります。

 

足にかかる衝撃は、歩くよりも走る動作のほうが大きくなりますから、走っているときに足底筋膜はくり返し大きな負荷がかけられてしまうので、そのせいで炎症や断裂などが引き起こされます。そのために激しい痛みを感じるのが足底筋膜炎です。

 

足底筋膜炎を放置すると治りにくくなることも

ピンと張られた足底筋膜で、ダメージが出やすいのは特に踵に近い部分です。でも人によっては足底筋膜全体や中央部分でも痛みを感じます。足底筋膜炎になっては治るを繰り返していくと、足底筋膜が変化していき、治りにくくなります。

 

お悩みなら当院にお任せください。

 

足底筋膜炎でお悩みなら あんど整骨院・整体院 田口山分院にお任せください。

痛みを取るだけの治療は必ず再発します。当院では、根本を正し、痛みの出ない身体作りを患者様と共に目指します。お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

初回のみ特別施術を限定価格でご提供!

初回限定割引

保険診療

ご予約・お問い合わせRESERVATION & CONTACT

  • 電話
  • WEB予約
  • LINE予約

Google Map