オスグッドについて

 

オスグッドは正式な名称をオスグッド・シュラッター病と言い、膝の皿の下にある骨が炎症を起こして腫れや痛みを引き起こすスポーツ疾患の一種です。

 

症状が軽いうちは安静にしていることで痛みが改善されるため、成長痛と混同されることもありますが、別の原因で起こる疾患です。

 

オスグッドの原因

 

オスグッドの原因は、骨が軟骨から成長する時期にある10歳から15歳程度の子供が、ジャンプやボールを蹴るなどの膝を使うスポーツをしすぎることです。膝を伸ばす動作を行う時には、人体は太ももの前面にある大腿四頭筋と呼ばれる筋肉が収縮し、膝の皿の下にある骨を引っ張ります。

 

しかし、大人と違い軟骨の部分が多く、負担に弱い子どもの骨は、筋肉が何度も骨を引っ張ることで軟骨の一部が剥がれてしまうことがあります。軟骨の一部が剥がれると腫れや炎症を起こし、さらに骨まで剥がれてしまえば剥離骨折へと重症化するのが特徴です。

 

成長痛は骨の成長に伴い筋肉が引っ張られることで生じますが、オスグッドは筋肉の動きに骨が引っ張られることで起きるので、症状は似通っていても原因は真逆と言えます。

 

オスグッドでお悩みならお任せください

 

オスグッドでお悩みなら あんど整骨院・整体院 田口山分院にお任せください。

国家資格である「柔道整復師」「鍼灸師」、また「スポーツトレーナー」の資格保有者が在籍しています。そのため患者様の身体の悩みに合わせた専門的な施術を提供することができます。

 

スポーツによるケガの治療、または運動パフォーマンスの向上などを目指す方のサポートにはスポーツトレーナーが寄り添います。お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

初回のみ特別施術を限定価格でご提供!

初回限定割引

保険診療

ご予約・お問い合わせRESERVATION & CONTACT

  • 電話
  • WEB予約
  • LINE予約

Google Map