ゴルフ肘について

 

肘の内側に痛みを感じてしまう症状がゴルフ肘です。上腕骨内側上顆炎という症状であり、名称のとおりゴルフをよくする人は発症しやすいです。腕に過度の疲労が蓄積すると炎症が発生し、それが痛みの原因になります。

 

ゴルフ肘の原因

 

人は、特定の部位を酷使すると、痛みが強くなってきます。人間の身体はバランスのもとで成立しており、特定の部位ばかり使用すると痛みが発生する仕組みになっているのです。ゴルフスイングは肘の内側に大きなダメージを与えます。

 

なんとなく不快感を覚える場合も注意が必要です。放置すると痛みが強くなってくる可能性があるので、早めに対処する必要があります。特にゴルフの初心者はゴルフ肘になりやすいと考えてください。腕に必要以上の力が加わっていると、筋肉疲労を起こしてしまうのです。

 

プロになるほど筋肉に負荷を与えないスイングの方法がわかってきます。勝負に勝つためには技術を磨くことはもちろんですが、怪我をしないことも同じくらい重要です。

 

ゴルフ肘は手打ちが原因になっていることが多いです。ほかにもフォームが崩れていたり、グリップの握り方に問題があったりする場合があります。無理な姿勢でプレイをしているとゴルフ肘になりやすくなります。

 

お悩みなら当院にお任せください

 

ゴルフ肘でお悩みなら あんど整骨院・整体院 田口山分院にお任せください。

当院では、国家資格である「柔道整復師」「鍼灸師」、また「スポーツトレーナー」の資格保有者が在籍しています。そのため患者様の身体の悩みに合わせた専門的な施術を提供することができます。

 

また、スポーツによるケガの治療、または運動パフォーマンスの向上などを目指す方のサポートにはスポーツトレーナーが寄り添います。お悩みの方は一度お気軽に当院にご相談ください。

初回のみ特別施術を限定価格でご提供!

初回限定割引

保険診療

ご予約・お問い合わせRESERVATION & CONTACT

  • 電話
  • WEB予約
  • LINE予約

Google Map