五十肩について

 

一般的に五十肩と呼ばれている物には、どのような原因と症状があるのか確認しておきましょう。五十肩は肩関節周囲炎とも呼ばれており、肩の関節に痛みが生じて関節の動きに支障をきたすという症状です。

 

中年以降の年代に多く見られる事からこの名称が付けられていますが、四十肩も同様の症状ですので、発症した年齢による呼び方の違いとなっています。

 

様々な症状

それぞれの患者さんによって症状は様々ですが、主に服を着る際の動きや、上に置いてある物を取る時などに激しい痛みが感じるケースがあります。

 

またこのような日常生活の上での動き以外でも、夜中に肩が痛み出して時には睡眠ができないほどの痛みが出る場合があり、これは夜間痛とも呼ばれています。

 

五十肩の原因

 

五十肩の主な原因を見てみますと、加齢が原因で肩の関節を構成している骨や靭帯などが硬くなってくる事が有力視されています。肩の関節が硬くなると組織に炎症が発生し、それが五十肩の痛みとなって出てくる事が多く見られます。

 

痛みが発症する肩は自分の利き腕というわけではなく、左右のどちらにでも症状が出てきます。しかし両肩が同時に痛くなるという事はほとんど見られませんが、一方の肩が発症した後からもう一方の肩に痛みが生じてくるといったケースはあります。さらに、五十肩によって肩が動かしにくくなる事で、首の筋肉や靭帯の血行が悪くなる事も考えられます。

五十肩と肩こりの違い

五十肩は肩こりと混同される事もありますが、簡単に説明しますと筋肉疲労が原因となるのが肩こりで、炎症によって痛みが発症するのが五十肩です。

 

このような五十肩の症状の治療は患部の痛みを軽減させる事が大事です。肩の痛みが強い時期には肩に負担がかかるような動作は行わないようにすることが望ましいでしょう。

 

五十肩でお悩みなら当院にお任せください

 

五十肩でお悩みなら あんど整骨院にお任せください!

肩こりなどの慢性的な痛みやしびれを気にすることのない生活を手に入れることで、仕事だけでなく育児やスポーツ、趣味などをこれまで以上に楽しめるでしょう。

 

当院では、可能な限り早く体の「痛み・不調」を解消し、健康な状態を維持すること、また、「痛み・不調」によって今まで制限されていた趣味や健康的な生活を取り戻すことを目標に様々なアプローチを駆使して施術を行っています。まずはお気軽にご相談下さい。お待ちしております。

初回のみ特別施術を限定価格でご提供!

初回限定割引

保険診療

ご予約・お問い合わせRESERVATION & CONTACT

  • 電話
  • WEB予約
  • LINE予約

Google Map